二拠点生活(デュアルライフ)と多拠点生活のメリット・デメリットを徹底解説!

LAC小田原 Tipy records inn 玄関

この記事を共有する

近年、多様な働き方や生活スタイルの変化に伴い、「二拠点生活(デュアルライフ)」と「多拠点生活」の言葉が注目されています。これらの言葉には共通点があるようで、実は異なるキーポイントが存在します。
簡単に言うと、一つは2つの場所での生活、もう一つはそれ以上の複数の場所での生活を指します。しかし、この違いは単なる拠点の数だけではありません。それぞれには特有のメリットやデメリット、生活のスタイルや考え方が影響しています。
これから二拠点・多拠点生活を考えている方にとって、これらの違いを正確に理解することは、自分に合った生活スタイルを築くための大切な第一歩となります。
この記事では、その違いを明確にし、あなたが最も適した選択をするための手助けをします。

二拠点生活(デュアルライフ)とは?

LACひたちなか
LACひたちなか(茨城県)周辺

二拠点生活は、その名前からも分かるように、2つの異なる場所で生活を織り成すライフスタイルを指します。
具体的には、一つは仕事や学業のための都市部の拠点、そしてもう一つは休日やプライベートをゆっくりと過ごすための郊外や地方の拠点という組み合わせが一般的です。この二拠点生活の大きな特徴は、都市の便利さや活気と、郊外や地方の静けさや自然の豊かさを、一人の生活の中で両立させることができる点にあります。
たとえば、平日は都市のオフィスで働き、週末は田舎の家で自然を楽しむ、といった具体的な生活イメージが考えられます。これにより、日常のストレスや喧騒から逃れる場所と、ビジネスや学業での繁忙な拠点のバランスを取りながら、心身ともにリフレッシュすることが可能となります。

多拠点生活とは何か?

LAC神戸エントランス
LAC神戸(兵庫県)エントランス

多拠点生活は、3か所以上の異なる地域や場所に生活の足跡を残す、新しい形のライフスタイルを示します。二拠点生活が主に二つの地点間での生活を想定しているのに対し、多拠点生活はさらに幅広い場所での生活を実現します。例を挙げると、ビジネスの中心地である都市での仕事、リゾート地での休暇、そして実家や親戚が住む地域での家族との時間を過ごす拠点など、様々なライフシーンに応じて場所を変える生活が特徴です。
このスタイルの魅力は、多様な場所での経験や出会いが日常的に得られる点にあります。
それぞれの拠点で得た情報や経験をクロスオーバーさせることで、新しい発見やアイディアが生まれやすく、より豊かな人生を築くことができます。しかし、その一方で、多拠点生活を円滑に進めるための調整やスケジューリングが求められるのも事実です。
それぞれの拠点に何が必要で、どの拠点で何を達成したいのかを明確にすることが、この生活スタイルの成功のカギとなります。

それぞれのメリット・デメリット

二拠点生活(デュアルライフ)のメリットとデメリット

LACつくば外観
LACつくば(茨城県)外観

二拠点生活の最大のメリットは、都市の機能性や利便性と、郊外や地方の落ち着きや自然の豊かさを同時に享受できることです。平日は都市での仕事に専念し、週末には静かな環境でリラックスすることができます。このように、日常の喧騒から時折逃れることで、心のリフレッシュや健康的な生活を送ることが容易になります。

しかし、そのデメリットとして、二つの拠点を維持するための経済的なコストが挙げられます。賃料、光熱費、移動のための交通費など、2つの場所での生活にはそれなりの出費が必要です。また、移動時間や物の管理、生活のリズムの調整など、日常の手間も増える可能性があります。

多拠点生活のメリットとデメリット

LAC京都三条 外観
LAC京都三条(京都府) 外観

多拠点生活の大きな魅力は、様々な場所での経験や学び、そして新しい出会いが豊富に得られる点です。異なる文化や価値観に触れることで、視野が広がり、自身の成長や新しい発見を促すことができます。また、それぞれの地域での繋がりやネットワークを築くことで、ビジネスやプライベートの機会も増えるでしょう。

しかし、多拠点生活のデメリットとしては、各地での生活の維持や調整が複雑になることが考えられます。物の管理やスケジューリングはもちろん、それぞれの場所での生活費や維持費も増加します。また、頻繁な移動や生活の切り替えがストレスとなることもあるかもしれません。それぞれの拠点での役割や優先順位をしっかりと定め、計画的に行動することが求められるでしょう。

選択するポイント

LAC館山
LAC館山(千葉県)

二拠点生活か多拠点生活かを選択する際、いくつかの大切なポイントが考慮されるべきです。

まず、自分のライフスタイルや価値観にどちらが合っているかを考えましょう。もし、都市での生活と自然環境でのリラックスをバランスよく取り入れたいと考えるなら、二拠点生活が適しているかもしれません。一方、多様な文化や経験を求めている場合、多拠点生活がその欲求を満たしてくれるでしょう。

次に、経済的な側面も重要です。どちらのライフスタイルにも一定の経済的コストがかかりますが、多拠点生活は特にそれぞれの拠点の維持や移動のコストが増加する可能性があります。自身の収入や支出をしっかりと見直し、どちらが現実的に持続可能かを判断することが大切です。

また、自分の時間管理能力や柔軟性も考慮するべきポイントの一つです。多拠点生活は、スケジューリングや場所間の切り替えが頻繁に求められます。そのため、計画的に行動できるか、変わる環境にすぐに適応できるかといった能力が試されるでしょう。

LAC小田原
LAC小田原(神奈川県) 地域との交流

最後に、家族やパートナーとの関係も重要な要素として考えられます。もし家族やパートナーと一緒にこの新しい生活スタイルを取り入れる場合、その人たちの意見や考えも尊重し、一緒に最適な選択をしていくことが必要です。

このように、自分自身の価値観やライフスタイル、経済状況、そして関係性を踏まえて、二拠点生活と多拠点生活の中から、最も自分に合った選択をすることが大切です。

二拠点生活も多拠点生活もLivingAnywhere Commonsで実現!

LACうるま 周辺
LACうるま(沖縄県) 周辺環境

二拠点生活や多拠点生活を実践する際、重要なのは移住先の環境整備や拠点選びです。そこで、特におすすめしたいのが「LivingAnywhere Commons」(LAC)です。

LACは、日本全国各地に拠点を持つコワーキングスペース付きのゲストハウスです。その名の通り、場所に縛られない新しいライフスタイル「LivingAnywhere」を実現するためのコミュニティとして機能しています。会員になれば、複数の拠点を「共有して所有」という形で利用できるため、全国各地の拠点を自由に選び、好きな時に滞在することが可能です。

全国各地の拠点一覧はこちら

また、法人としての利用も可能で、スタートアップや中小、大企業がサテライトオフィスや社員研修施設として利用している実績もあります。利用料金は、個人の頻度や法人のニーズに応じて、多様なプランが提供されています。例えば、個別の滞在に対応するベーシックプランや、月額制で様々な拠点を利用できるスタンダードプラン、さらには全拠点を無制限で利用できるプレミアムプランなど、自分の生活スタイルやビジネスの要件に合わせて選べます。

ご利用料金の詳細はこちら

このように、LivingAnywhere Commonsは、二拠点、多拠点生活をスムーズに、そしてコストパフォーマンスよく実践するための最適な選択肢と言えるでしょう。

まとめ

二拠点生活と多拠点生活、どちらも魅力的な生活スタイルです。しかし、それぞれの特徴やメリット、デメリットを理解した上で、自分の生活スタイルやニーズに合わせて選択することが大切です。どちらを選ぶかに関わらず、複数の場所での生活を満喫し、充実した日々を過ごしましょう。

この記事を共有する

新着記事

ゲストハウス

秋の旅行先にピッタリ!LivingAnywhere Commonsのゲストハウス紹介 西日本編

ゲストハウス

秋の旅行先にピッタリ!LivingAnywhere Commonsのゲストハウス紹介 東日本編

ゲストハウス

透明度バツグンの館山でダイビング中に出会える魚たち

サービス

ゲストハウス用語解説:二地域居住とは

都道府県から拠点を探す

拠点予約
拠点施設をご利用の方は、下記よりご予約ください。

宿泊予約

運営会社

株式会社LIFULL

株式会社LIFULL〒102-0083 東京都千代田区麹町1丁目4-4

Mail: lacommons@LIFULL.com