ゲストハウスと民泊:あなたが知っておくべき違いを比較

ゲストハウス 2023.08.29
LAC熱海 外観(naedoco)

この記事を共有する

ゲストハウスと民泊。旅行者にとって、どちらも魅力的な宿泊先として知られています。しかし、実際にはどう違うのでしょうか? 今回はその違いを明らかにし、あなたが次の旅行で最適な選択をする手助けをします。

定義:基本から理解する

LAC京都三条 ラウンジ
LAC京都三条(京都府) ラウンジ

ゲストハウスとは、よくホステルやシェアハウスに近い形態の宿泊施設として認識されています。これらの施設は、一般に共有スペースとしてのリビングやキッチンを持ち、旅行者同士が交流を深めることが前提となっています。ゲストハウスに宿泊することで、さまざまな国や文化の背景を持つ人々との出会いや経験が豊富になることが期待されます。

一方で、民泊とは、主に個人が所有する部屋や家全体を短期間にわたって貸し出す形式の宿泊サービスです。最近では、専用のプラットフォームを介して簡単に予約できるようになり、旅行者が本物の現地の生活感を体験できるという点で人気を集めています。民泊の場合、ホストとして登録している家庭の生活スタイルや、その土地の文化を身近に感じられるのが最大の魅力と言えるでしょう。

このように、ゲストハウスと民泊は、宿泊する目的や求める体験によって、どちらを選択するかが大きく変わってきます。選ぶ際には、自分の旅行の目的や宿泊施設に求めるものをしっかりと考慮して、最適な選択をすることが大切です。

価格:どちらがお得か?

LAC熱海 ドミトリー
LAC熱海(静岡県) ドミトリー

ゲストハウスと民泊の価格にはいくつかの違いが見受けられます。ゲストハウスの場合、多くの施設がドミトリータイプの部屋を主要な選択肢として提供しています。ドミトリータイプの部屋は、複数のベッドが並べられた共有のスペースで、他の旅行者と一緒に過ごすこととなります。このようなスタイルのため、一人あたりの宿泊料金は抑えられ、予算を気にする旅行者にとっては魅力的な選択となることが多いです。

対照的に、民泊はその場所、部屋の広さ、設備、立地条件などによって価格が大きく変動します。都心の一等地に位置するモダンなアパートメントは、高価になることもあれば、郊外のシンプルな部屋は非常に手頃な価格で提供されることもあります。さらに、ホストの提供するサービスやアメニティの違いによっても価格は変わってきます。

このため、ゲストハウスが常に安い、とは言えませんし、民泊が必ずしも高額であるとも限りません。旅行者としては、旅の目的や宿泊に求める条件、そして予算に基づいて適切な選択をする必要があります。利用するプラットフォームやサイトでの比較や、事前の情報収集が、価格と品質のバランスを取るうえで鍵となります。

体験:どのような経験を求めるか?

LAC気仙沼 カフェスペース
カフェスペースでの交流 LAC気仙沼(宮城県)

宿泊の選択は単に休息の場所を探すだけでなく、旅全体の体験を形成する重要な要素となります。ゲストハウスと民泊、それぞれが提供する体験の中心は大きく異なっています。

ゲストハウスは、社交的な体験が前面に出てきます。共有のリビングやキッチンでの会話、イベントやアクティビティを通じて、様々な国や地域からの旅行者との交流を楽しむことができます。これは、旅行者が新しい友人を作ったり、異なる文化的背景をもつ人々とのディスカッションを通じて、自分自身の視野を広げる絶好の機会となります。特に、一人旅や初めての地での滞在を考えている人には、ゲストハウスのこの社交的な側面は魅力的でしょう。

一方、民泊はより個別化された体験を求める旅行者に向いています。民泊を利用することで、現地の住民としての生活を体験することが可能となります。例えば、地元の市場での買い物や、住宅地の散策など、観光客としてではなく、あたかもその土地の住民であるかのように深くその地域を体験できます。また、民泊のホストからの現地の情報やアドバイスは、ガイドブックには載っていないような価値ある情報をもたらすことも少なくありません。

結局、どちらの宿泊施設を選ぶかは、旅行者がどのような体験を求めているかに左右されます。異文化交流を深める場としてのゲストハウス、それとも現地の日常を感じることができる民泊、あなたの求める体験に合わせて選択することが重要です。

プライバシーと安全性

LAC宮崎都農 ドミトリー
LAC宮崎都農(宮崎県) ドミトリー

旅行先での宿泊を選ぶ際、多くの人々が気にするのが「プライバシー」と「安全性」です。ゲストハウスと民泊、それぞれの特性を理解して、安心して滞在を楽しむためのポイントを見てみましょう。

ゲストハウスでは、多くの場合、ドミトリータイプの部屋を選ぶと、他の旅行者との共有スペースが増えます。このため、プライバシーは必ずしも保たれないこともあります。しかし、多くのゲストハウスでは個別のカーテンや仕切りでベッドを囲む工夫がされており、一定のプライバシーは確保されるよう努力されています。安全性に関しては、施設側が24時間の監視カメラやフロントスタッフの配置、入退室時のセキュリティチェックなど、様々な対策を取っていることが多いです。

一方、民泊の場合、提供される部屋や家全体を自分だけ、あるいは同行者だけで利用することが多く、プライバシーは高まる傾向にあります。自宅のような空間でのんびりと過ごすことが可能です。安全性については、多くの民泊プラットフォームがホストの審査やレビューシステムを導入しており、前もって宿泊先の評価を確認することができます。しかし、地域や立地、ホストの管理体制によっては、セキュリティ体制が不十分な場合もあるため、事前にしっかりと確認することが大切です。

総じて、ゲストハウスと民泊のプライバシーと安全性は、それぞれの特性や管理体制によって異なります。旅行者としては、自身のニーズや期待に合わせて、しっかりとした情報収集と事前の準備が不可欠です。安心して楽しむためには、その土地の文化や習慣にも敏感になることが求められます。

予約とキャンセルの柔軟性

旅行計画の中で、急な変更やキャンセルは避けられないこともあります。その際、選んだ宿泊先がどれだけ柔軟に対応してくれるかは非常に重要なポイントとなります。

ゲストハウスにおいては、多くの場合、オフィシャルなウェブサイトや宿泊予約サイトを通じての予約が主流となっています。ゲストハウスの予約ポリシーは施設ごとに異なることが多いですが、一般的には、予約日から数日前までのキャンセルは無料、あるいは一部のキャンセル料が発生するケースが多いです。しかし、直前のキャンセルや当日のキャンセルについては、宿泊料金の全額を請求されることも少なくありません。

民泊の場合、AirbnbやStayzなどの大手プラットフォームを利用することが主流です。これらのプラットフォームには、ホストが設定できるいくつかのキャンセルポリシーが用意されています。例えば、「柔軟」や「厳格」など、その名の通り、キャンセルの条件が異なります。柔軟なポリシーの場合、宿泊日の前日までならば無料でキャンセル可能な場合が多いですが、厳格なポリシーの場合、キャンセル料がかかることもあります。

要するに、ゲストハウスも民泊も、予約やキャンセルの条件はそれぞれの施設やホストの方針によって大きく異なります。旅行計画を立てる際、予想外の変更が生じる可能性も考慮し、事前に予約・キャンセルポリシーを確認しておくことが非常に重要です。予約をする前に、確認や相談を怠らないよう心掛けましょう。

LivingAnywhere Commons:新しい働き方・暮らし方を体験

LACひたちなか
LACひたちなか(茨城県)

近年、働き方やライフスタイルの多様性が注目されています。特に場所に縛られない「LivingAnywhere」のスタイルは、多くの個人や企業が関心を持っています。その中で注目すべきサービスが「LivingAnywhere Commons」です。

LivingAnywhere Commons(以下、LAC)は、日本全国に拠点を持つ、コワーキングスペース付きのゲストハウスです。ただの宿泊施設とは異なり、自由な働き方や学び、コミュニケーションを追求する人々のためのコミュニティとして設計されています。そのため、ここでの滞在は仕事だけでなく、新しい発見や交流、学びの場としても利用することができます。

LAC館山
LAC館山(千葉県)

会員になることで、LACの複数の拠点を「共有して所有」する感覚で利用することができます。これは、都市部から地方まで、日本全国の様々な場所での滞在と働く体験を、手軽に実現することを意味します。特にスタートアップや企業のサテライトオフィスとして、また、社員研修施設としての利用も可能なので、新しい働き方を模索する企業には非常に魅力的なサービスと言えるでしょう。

>>LivingAnywhere Commonsのゲストハウス全国一覧

さらに、利用料金も様々なプランが用意されており、自分のライフスタイルやビジネスのスタイルに合わせて選ぶことができます。たとえば、ベーシックプランでは1回からの利用が可能で、数回の滞在を考えている方や、まずは体験してみたいという方に適しています。一方、スタンダードやプレミアムプランでは、月額での利用が可能となり、頻繁に移動する方や、長期間の滞在を希望する方に最適です。

>>LivingAnywhere Commonsのゲストハウスご利用プランはこちら

まとめると、LivingAnywhere Commonsは、新しい働き方やライフスタイルを追求するすべての人々に向けた、革命的なサービスと言えます。あなたもこの新しい形の働き方・暮らし方を体験してみませんか?

まとめ

ゲストハウスと民泊、どちらも一長一短があり、旅行者のニーズに応じて最適な選択が異なります。異文化交流や他の旅行者との交流を楽しむならゲストハウス、地元の文化や生活を深く体験したいなら民泊がおすすめです。あなたの旅の目的や好みに合わせて、最適な宿泊先を見つけてください。

この記事を共有する

新着記事

ゲストハウス

秋の旅行先にピッタリ!LivingAnywhere Commonsのゲストハウス紹介 西日本編

ゲストハウス

秋の旅行先にピッタリ!LivingAnywhere Commonsのゲストハウス紹介 東日本編

ゲストハウス

透明度バツグンの館山でダイビング中に出会える魚たち

サービス

ゲストハウス用語解説:二地域居住とは

都道府県から拠点を探す

拠点予約
拠点施設をご利用の方は、下記よりご予約ください。

宿泊予約

運営会社

株式会社LIFULL

株式会社LIFULL〒102-0083 東京都千代田区麹町1丁目4-4

Mail: lacommons@LIFULL.com