カプセルホテルとドミトリーの違いと魅力

ゲストハウス 2023.07.29
LAC博多 宿泊スペース

この記事を共有する

ドミトリーとカプセルホテル、それぞれの特性と違いを理解して、旅行体験をより良いものにしましょう。本記事では、これら二つの宿泊形態の特徴を初めての選択を検討しているあなたへ簡潔かつ詳細に解説します。

ドミトリーとカプセルホテルの基本

ドミトリーとカプセルホテルの基本的な違いをご説明しましょう。
ドミトリーとは、一室に複数のベッドが設置された共有スペースの宿泊施設で、ユースホステルやバックパッカー向けの宿などで見かけます。一方、カプセルホテルは一人ひとつの小さな「カプセル」が個々の宿泊スペースとなる日本発祥の宿泊形態です。

プライバシーとコミュニケーション: 宿泊体験の違い

LAC熱海 ドミトリー(Kiten slow &work stay)
LAC熱海 ドミトリー(Kiten slow &work stay)

ドミトリーとカプセルホテルの大きな違いの一つは、プライバシーとコミュニケーションの観点から宿泊体験が大きく異なる点です。

ドミトリーは一室に複数のベッドが配置され、共有の寝室で過ごします。
ベッド間にはカーテンやパーテーションがある場合もありますが、基本的には他のゲストとの空間を共有する形になります。このため、プライバシーは限定的と言えます。しかし、この共有空間が生み出すのが異文化交流の機会です。各地から来た旅行者と一緒に過ごすことで、新たな視点を得ることができ、友情を育む可能性もあります。

一方、カプセルホテルは、個々の「カプセル」が専用の宿泊スペースとなります。
カプセル内にはベッドと小さな収納スペース、そして個別の照明があり、カーテンや扉で他のゲストから隔てられ、一定のプライバシーが確保されます。これにより、他の宿泊客との交流は少なく、静かな時間を過ごすことができます。また、カプセルホテルは多くの場合、男性専用フロアと女性専用フロアに分けられているため、性別によるプライバシーの配慮もされています。

したがって、ドミトリーとカプセルホテルの選択は、あなたが旅行中にどの程度のプライバシーを求め、また他の旅行者とどの程度交流したいかによって大きく左右されます。
自分の希望する宿泊体験を明確にすることで、最適な選択ができるようになります。

施設の設備とサービス: 利便性の違い

LAC京都 キッチン
LAC京都 キッチン

ドミトリーやカプセルホテルでは、施設の設備や提供されるサービスにもそれぞれ特徴があり、その違いが宿泊の利便性に直結します。

ドミトリーは基本的な設備としてベッドとロッカー、共用のバスルームやトイレ、そして一部では共用のキッチンやリビングスペースを提供しています。これらは全てのゲストで共有するため、利用時には他のゲストとの配慮が必要となります。ドミトリーはシンプルな宿泊体験を提供する一方で、他の旅行者との交流を促す場ともなっています。

一方、カプセルホテルでは個々のカプセルにベッドと、照明や電源、テレビなどの基本的な設備が揃っています。また、高級なカプセルホテルでは各カプセルにWi-Fiやアメニティ、さらには小型冷蔵庫などが提供されることもあります。共用スペースとして、シャワールームやトイレ、リラクゼーションスペースがあり、一部の施設では飲食の提供やランドリーサービス、24時間のフロントサービスなどを利用することもできます。

これらの違いからもわかるように、ドミトリーはシンプルさとコミュニケーションを重視した宿泊体験を提供します。一方、カプセルホテルはプライベートな空間と一定の設備・サービスを確保した宿泊体験を提供します。あなたがどのような便利さを求め、どの程度の設備やサービスが必要なのか、それを明確にすることでより適切な選択ができるでしょう。

ゲストハウスLivingAnywhere Commonsのドミトリー

LAC京都 ラウンジ
LAC京都 ラウンジ

仕事と生活の境界が曖昧になり、リモートワークが当たり前となった今日、新たな生活スタイルを提供する「LivingAnywhere Commons」をご存知でしょうか?これは日本全国各地に拠点を持つ、ドミトリーとコワーキングスペースを併設したゲストハウスです。それぞれの拠点は共用のキッチンやラウンジを備え、住むように働き、働くように暮らす新たなライフスタイルを体験できます。

LivingAnywhere Commonsのゲストハウス一覧はこちら

LivingAnywhere Commonsでは幾つかのプランを用意しており、あなたのニーズに合わせて利用できます。ベーシックプランは1泊5,500円からで、必要に応じて回数券も選べます。また、スタンダードプランでは月額39,600円でオリジナル拠点を無制限、パートナー拠点を9泊まで利用可能です。さらに、プレミアムプランでは月額94,600円で全拠点を無制限に利用できます。法人向けのプランもあり、従業員の福利厚生やイベント活用の場として活用可能です。

LivingAnywhere Commonsはあなたの生活と仕事を自由につなげ、全国各地で新たな可能性を見つけられる空間です。

料金プランの詳細はこちら

まとめ

ドミトリーとカプセルホテル、それぞれには魅力と特色があります。
ドミトリーは交流を求め、カジュアルな旅行体験を望む人にとって良い選択でしょう。一方、カプセルホテルはプライバシーと静寂さを求め、一定の設備とサービスを保証されたい人には適しています。あなたが求める旅行体験をよく考え、適切な施設を選ぶことが大切です。

この記事を共有する

新着記事

ゲストハウス

秋の旅行先にピッタリ!LivingAnywhere Commonsのゲストハウス紹介 西日本編

ゲストハウス

秋の旅行先にピッタリ!LivingAnywhere Commonsのゲストハウス紹介 東日本編

ゲストハウス

透明度バツグンの館山でダイビング中に出会える魚たち

サービス

ゲストハウス用語解説:二地域居住とは

都道府県から拠点を探す

拠点予約
拠点施設をご利用の方は、下記よりご予約ください。

宿泊予約

運営会社

株式会社LIFULL

株式会社LIFULL〒102-0083 東京都千代田区麹町1丁目4-4

Mail: lacommons@LIFULL.com