コワーキングスペースとシェアオフィスの違い – あなたの働く場所選び

LAC石巻 ワークスペース(SONO)

この記事を共有する

働く場所を探しているあなたへ。近年、都市部を中心に急速に人気を集める「コワーキングスペース」と「シェアオフィス」。これらの言葉を耳にすることが増えたのではないでしょうか?一見、同じように感じられるこの2つのスペースですが、その実態は大きく異なります。どちらも共有の空間として機能しますが、目的や利用者、サービス内容が大きく異なります。あなたが求める働く環境や必要とする機能、コミュニティとの繋がりの度合いによって、適した選択は変わってきます。ここでは、コワーキングスペースとシェアオフィスの違いを明確にし、あなたが次の働く場所を選ぶ際の参考となる情報を提供します。

コワーキングスペースとシェアオフィスの定義とは?

LAC京都三条 ワーキングスペース
LAC京都三条(京都府) ワーキングスペース

現代の働き方の多様性を反映し、様々な形式の働く場所が出現してきました。その中でも特に注目を浴びているのが、コワーキングスペースとシェアオフィスです。しかし、これらはどのように異なり、それぞれどんな特性を持っているのでしょうか。

コワーキングスペース

このスペースは、元々独立して働くフリーランスやリモートワーカーが、オフィスのような環境で仕事をするための共有スペースとして生まれました。物理的なデスクやWi-Fi、プリンターなどの基本的なオフィス設備を共有することで、コストを抑えつつプロフェッショナルな環境で働けるというのが大きな魅力です。さらに、異なる分野や業界の人々と自然に交流できるので、新しいアイデアや情報交換の場としても機能します。多くの場合、利用者はメンバーシップを持つことでアクセスでき、日々の利用料金や月額の固定料金など、さまざまなプランが提供されています。

シェアオフィス

シェアオフィスは、複数の企業や個人が一つのオフィススペースを共有する形式です。コワーキングスペースと比べると、各テナントが独自の専用スペースを持つことが多く、プライバシーが確保されるのが特徴です。また、共有のリセプションや会議室、キッチンなどの施設を利用することができます。シェアオフィスは、中長期的に安定した場所での業務を求める企業や個人に向いており、月額の固定料金で利用するのが一般的です。

このように、コワーキングスペースとシェアオフィスは、共有の働く空間という共通点を持ちつつも、利用目的や特徴が異なることが分かります。

コワーキングスペースとシェアオフィスの主な利用者と目的

LAC富士吉田 ワークスペース
LAC富士吉田 ワークスペース

働く場所の選び方は、ビジネスの性質や個人の働き方、求める環境によって異なります。そこで、コワーキングスペースとシェアオフィスが主にどのような人々に利用されているのか、またその背後にある目的や理由を詳しく見てみましょう。

コワーキングスペースの利用者と目的

フリーランス:

独立して働く人々は、家ではなく、集中できる外部の場所で仕事をしたいと感じることが多いです。コワーキングスペースは、低コストで利用できるため、オフィスを持たないフリーランスには最適です。

リモートワーカー

企業の柔軟な勤務形態の導入に伴い、外部の場所で働くリモートワーカーが増加しています。彼らは、コワーキングスペースを利用して、家の中での気晴らしや他のワーカーとの交流を求めています。

スタートアップ

若い会社や事業者は、初期投資を抑えたいと考えることが多いです。コワーキングスペースは、リーズナブルな価格で必要な設備を手に入れられるため、スタートアップには魅力的です。

シェアオフィスの利用者と目的

中小企業

資本を多く持たない中小企業は、オフィスの賃貸料や管理費を抑えたいと考えることが多いです。シェアオフィスならば、必要なスペースだけを利用することができるため、コスト削減に繋がります。

プロジェクトチーム

一時的なプロジェクトや任務のために結成されるチームは、短期間だけオフィスを借りる必要があります。シェアオフィスは柔軟な契約が可能なため、このようなケースに最適です。

海外からのビジネスマン

日本に一時的に滞在する外国人ビジネスマンは、短期間の滞在でも確実に働ける場所を求めます。シェアオフィスは、そのようなニーズに応える形で提供されています。

これらの特徴を考慮すると、コワーキングスペースは柔軟性や交流を重視する人々に、シェアオフィスは安定した業務環境やプライバシーを優先する人々に向いていることが明らかになります。

料金体系とサービス内容の違い

LAC博多 ラウンジ&ワーキングスペース
LAC博多 ラウンジ&ワーキングスペース

コワーキングスペースとシェアオフィスでは、利用料金の設定や提供されるサービス内容にも顕著な違いが見られます。それぞれの特徴を理解することで、自分のビジネススタイルやニーズに合った選択ができるようになります。

コワーキングスペースの料金体系とサービス内容

料金

一般的に、日単位、週単位、月単位など、短期から中長期の利用に対応した複数のプランが用意されています。定額制で、フリードリンクやWi-Fiが含まれる場合が多いです。

サービス

Wi-Fi、電源、フリードリンク、複合機などの基本的なオフィス設備が提供されることが一般的です。また、コミュニティイベントやセミナーの開催、プライベートブースの利用など、交流や学びの機会も提供されることが多いです。

シェアオフィスの料金体系とサービス内容

料金

月額固定料金が一般的で、契約期間や利用スペースの広さに応じて価格が設定されます。短期間の利用よりも中長期の利用が前提となることが多いです。

サービス

専用のデスクや部屋、リセプションサービス、会議室の利用、キッチンや共有スペースの利用など、より充実した設備やサービスが提供されます。安全性を重視して、セキュリティ対策や24時間利用可能なスペースもあることが特徴です。

コワーキングスペースは、短期的な利用や交流を求める人々に向いており、柔軟な料金体系や基本的なサービスが提供されています。一方、シェアオフィスは、中長期の安定した利用を前提としており、より多岐にわたるサービスや設備を享受することができます。それぞれの特性を理解することで、自身のニーズに合わせた選択ができるでしょう。

コワーキングスペース付きゲストハウスLivingAnywhere Commons

LAC小田原 ワークスペース
LAC小田原 ワークスペース

日本全国各地に展開する「LivingAnywhere Commons」は、新しい時代の働き方やライフスタイルを実現するための究極の場所と言えるでしょう。コワーキングスペースを完備したこのゲストハウスは、自宅やオフィスにとらわれない「LivingAnywhere」のライフスタイルを実践したい方々のためのコミュニティとして機能します。会員になると、全国の複数拠点を「共有して所有」する特権を享受でき、ビジネスやプライベートのニーズに合わせて、好きな時に好きな場所を選び利用することができます。

>>LivingAnywhere Commonsの全国拠点一覧はこちら

また、この施設は個人だけでなく、法人のニーズにも応える設計となっています。スタートアップから大企業まで、働き方改革の一環として、サテライトオフィスや社員研修施設として利用することが可能です。利用料金も、一回の利用から、月額サブスクリプションまで多岐にわたり、利用者のライフスタイルやニーズに合わせて選ぶことができます。特に、全拠点を無制限で利用できるプレミアムプランは、頻繁に様々な場所でのワークや滞在を楽しみたい方に特におすすめです。

>>LivingAnywhere Commonsのご利用料金プランはこちら

LivingAnywhere Commonsは、多様なニーズに応える施設として、多くの人々にとって新しい働き方や生活の選択肢を広げる存在となるでしょう。

まとめ

コワーキングスペースはコミュニケーションやネットワーク作りを重視する人に、シェアオフィスは安定して業務をこなしたい人に向いています。あなたの働き方や目的に合わせて、最適な場所を選びましょう。

この記事を共有する

新着記事

ゲストハウス

秋の旅行先にピッタリ!LivingAnywhere Commonsのゲストハウス紹介 西日本編

ゲストハウス

秋の旅行先にピッタリ!LivingAnywhere Commonsのゲストハウス紹介 東日本編

ゲストハウス

透明度バツグンの館山でダイビング中に出会える魚たち

サービス

ゲストハウス用語解説:二地域居住とは

都道府県から拠点を探す

拠点予約
拠点施設をご利用の方は、下記よりご予約ください。

宿泊予約

運営会社

株式会社LIFULL

株式会社LIFULL〒102-0083 東京都千代田区麹町1丁目4-4

Mail: lacommons@LIFULL.com