社員旅行に最適!「LivingAnywhere Commons」で新しいワーケーション体験を

LAC美馬

この記事を共有する

都市の喧騒から離れて、日本の美しい景色を楽しみながら働く。そんな新しいライフスタイルを実現する「LivingAnywhere Commons」。
今回は、社員旅行での利用を検討している皆さんへ、このユニークなサービスの魅力を詳しく紹介します。

LivingAnywhere Commonsとは?

LAC館山
LAC館山(千葉県)

「LivingAnywhere Commons」は、近年のワークスタイルの変革を反映した、次世代の滞在型ワークスペースとして注目されています。ここでは、その特徴や提供する新しい体験について詳しく解説します。

融合する二つのコンセプト

シェアハウスとコワーキングスペースの良い部分を組み合わせたサービスです。滞在者は共同のリビングスペースやキッチン、バスルームを共有する一方で、静かに集中して仕事をするためのスペースも完備しています。

地域との結びつき

「LivingAnywhere Commons」の拠点は、日本全国の多様な地域に点在しています。それぞれの地域の特色や文化を生かした設計や内装がなされており、滞在することでその地域の魅力を深く体験することができます。

コミュニティの力

このサービスの最大の魅力は、滞在する人々との交流の中で生まれる新しい発見や学びです。異なるバックグラウンドや専門知識を持ったメンバーとの交流を通じて、新しいアイディアやビジネスチャンスが生まれることも。

持続可能なライフスタイル

「LivingAnywhere Commons」は、環境やコミュニティを尊重するライフスタイルを推進しています。地域資源を最大限に活用し、エコロジカルな選択をしているため、滞在するだけでなく、持続可能な未来をサポートすることができます。

このように、「LivingAnywhere Commons」は単なる宿泊施設やワークスペースではありません。それぞれの地域の文化や魅力、そして共に過ごす人々との交流を通じて、新しい価値や経験を提供してくれる場所として注目されています。

豊富なプランで柔軟な利用が魅力

LAC三豊 地域コミュニティー
LAC三豊(香川県) 地域コミュニティー

LivingAnywhere Commonsの最大の特長の一つは、その柔軟な利用プランの豊富さにあります。短期の滞在から長期のリモートワークまで、様々なニーズに応えるためのオプションが考慮されています。

利用者が数日間の短期滞在を考えている場合、週末のリフレッシュやワークエスケープとして最適なプランが用意されています。これにより、日常のルーチンから一時的に離れて、新しい環境でのリフレッシュやインスピレーションを求めることが可能です。

また、数週間から数ヶ月の中期滞在を希望する方には、リモートワークやプロジェクトベースの仕事をサポートするプランが展開されています。このプランでは、必要な設備や高速インターネット接続、そしてコミュニティとの交流を通じて、効率的で質の高い作業を遂行することが期待されます。

さらに、長期的な滞在やセミパーマネントな生活を望む方向けのプランも考案されています。こちらは、新しい地域での生活をフルに楽しむためのサポートや、地域のコミュニティと深く関わる機会を提供しています。これにより、一時的な滞在者から地域の一員へとスムーズに移行することができるのです。

これらのプランの多様性は、LivingAnywhere Commonsが様々なライフスタイルや仕事のスタイルを持つ人々のニーズに合わせて柔軟に対応していることを示しています。この柔軟性こそが、多くの利用者から高い評価を受けている理由と言えるでしょう。

>>LivingAnywhere Commonsのご利用プランはこちら

社員旅行でのおすすめの過ごし方

LAC富士吉田 交流シーン
LAC富士吉田(山梨県)

LivingAnywhere Commonsを社員旅行の宿泊先として選ぶことは、非常に良い選択と言えます。その理由は、コミュニティとの交流の場や、リラックスできる共用スペース、そして様々なアクティビティが揃っているため、社員同士の絆を深める絶好の機会が得られるからです。

まず、到着した際には、LivingAnywhere Commonsのスタッフから施設のツアーやオリエンテーションを受けることをおすすめします。これにより、施設内のすべての設備やサービス、そして周辺の観光スポットやレストランなどの情報を簡単に入手することができます。

日中は、チームビルディングのアクティビティを計画するのが良いでしょう。例えば、現地の文化や伝統を学ぶワークショップや、アートや音楽のクラスを体験することができます。また、近くの観光スポットへのツアーやハイキング、サイクリングなどのアウトドアアクティビティも選択肢として考えられます。

LAC福岡唐泊 キッチン棟
LAC福岡唐泊(福岡県) キッチン棟

夜には、共用スペースでのBBQやピザパーティーを開催するのもおすすめです。火を囲んでの会話や、地元の料理を楽しむことで、社員同士のコミュニケーションがより活発になるでしょう。さらに、LivingAnywhere Commonsのコミュニティメンバーとの交流の場を持つことで、異なる背景や文化を持つ人々との新しい繋がりや視点を得ることができます。

また、リラクゼーションの時間も大切にしたいものです。施設内には、マッサージやヨガのクラス、読書や映画鑑賞が楽しめるコーナーなど、社員たちがリラックスできるスペースが充実しています。

LivingAnywhere Commonsでの社員旅行は、ただの観光旅行を超えて、チームの絆を深める、思い出に残る特別な時間となることでしょう。

全国各地の拠点から選べる魅力

LAC京都三条 ラウンジ
LAC京都三条(京都府) ラウンジ

LivingAnywhere Commonsの最大の特長の一つが、全国に広がるそのネットワークです。各拠点は地域の特色を生かした独自の魅力を持っています。これにより、利用者は目的や気分、予算に合わせて最適な拠点を選ぶことが可能となります。

都市部の拠点を選べば、都会のビジネスエリアや観光スポットへのアクセスが良く、夜のエンターテインメントやショッピング、食文化の探求といった都市体験が楽しめます。ビジネスミーティングやセミナーなどの用途にも適しています。

LACうるま 周辺
LACうるま(沖縄県) 周辺

一方、田舎や海沿い、山間部の拠点は、自然とのふれあいやリフレッシュを求める方々にピッタリ。季節の風物詩を満喫したり、地域固有の伝統や文化に触れることができます。自然散策やアウトドアアクティビティ、地元の食材を活かした料理の体験など、豊かな自然環境を最大限に活かした滞在が実現します。

さらに、各拠点は地域コミュニティと深く結びついているため、現地の人々との交流や、地域のイベント・祭りへの参加も楽しめます。これにより、ただの観光以上の、深い地域体験との出会いが期待できます。

このように、LivingAnywhere Commonsの全国各地の拠点は、その場所ならではの魅力を持ち合わせており、多様なニーズや目的に応じて、最適な滞在を提供しています。一度訪れるごとに異なる体験や発見があり、そのたびに新しい魅力に気づくことができるのが、全国ネットワークの大きな魅力と言えるでしょう。

>>LivingAnywhere Commonsの拠点一覧

まとめ

社員旅行は、新しい経験やチームの絆を深める大切な機会。そのための最適な場所として「LivingAnywhere Commons」は、多様な過ごし方や場所を提供してくれます。次の社員旅行は、新しいワーケーション体験で、更なる成長と絆を築きましょう。

この記事を共有する

新着記事

ゲストハウス

秋の旅行先にピッタリ!LivingAnywhere Commonsのゲストハウス紹介 西日本編

ゲストハウス

秋の旅行先にピッタリ!LivingAnywhere Commonsのゲストハウス紹介 東日本編

ゲストハウス

透明度バツグンの館山でダイビング中に出会える魚たち

サービス

ゲストハウス用語解説:二地域居住とは

都道府県から拠点を探す

拠点予約
拠点施設をご利用の方は、下記よりご予約ください。

宿泊予約

運営会社

株式会社LIFULL

株式会社LIFULL〒102-0083 東京都千代田区麹町1丁目4-4

Mail: lacommons@LIFULL.com