ゲストハウス用語解説:B&Bとは

サービス 2023.08.30

この記事を共有する

用語:B&B

  • 用語の読み: びーあんどびー
  • 英語表記: Bed and Breakfast
  • B&Bの類語: ベッド・アンド・ブレックファースト、民宿、宿泊&朝食付き宿

用語説明

LAC熱海 MARUYA
LAC熱海(静岡県)の MARUYAでは近隣の干物屋からお好きな干物を買い、自分で焼いて食べることができる

B&B、正式には「Bed and Breakfast」と言います。この名前の通り、B&Bは「ベッドと朝食」を提供する宿泊施設のことを指し、その名が示すシンプルなサービスが魅力として多くの旅行者から愛されています。

この宿泊形態の起源はイギリスに遡ります。かつて、地方の家庭が余った部屋を旅行者に提供し、翌朝には家庭料理の朝食を振る舞うという形で始まったと言われています。このため、B&Bは大手ホテルチェーンとは異なり、多くが個人や家族経営となっており、宿泊する場所ごとに異なる家庭的な雰囲気や地域性を味わうことができます。

B&Bの最大の特徴は、そのアットホームな雰囲気にあります。ホテルとは異なり、オーナーや家族と直接コミュニケーションを取ることができるため、地域の情報や文化、歴史などを深く知ることができます。また、B&Bは地域のコミュニティとの結びつきが強いため、実際の地域の生活を間近に感じることができるのも魅力の一つです。

しかし、B&Bはサービスの内容や質が宿によって異なるため、宿選びには注意が必要です。一部のB&Bは豪華な内装や設備を持ち、高級ホテルに匹敵するサービスを提供しているところもありますが、一方で非常にシンプルなサービスを提供する場所もあります。そのため、旅行の目的や予算、求めるサービス内容に応じて、適切なB&Bを選ぶことが大切です。

最後に、B&Bは宿泊料金が比較的手頃であるため、長期滞在や予算を気にする旅行者にもおすすめです。地域の風土や文化を深く体験したい、家庭的な雰囲気の中でのんびりと過ごしたいという方には、B&Bは最適な宿泊先と言えるでしょう。

LivingAnywhere Commonsのゲストハウス

LACうるま
LACうるま(沖縄県) 食事中の交流

日本のゲストハウス文化にB&Bのようなアットホームな魅力を求める方に、LivingAnywhere Commons(LAC)を特におすすめします。LACは、日本全国各地に拠点を持つ、新しい形のゲストハウスです。

「LivingAnywhere」という考え方に基づき、場所に縛られない新しいライフスタイルを追求しています。B&Bが提供する地域の文化や人々との交流の魅力を、都市から地方まで様々な場所で体験することができます。

>>LivingAnywhere Commonsのゲストハウス全国一覧

また、LACはコワーキングスペースも併設しており、仕事や創作活動をしながらの滞在も可能。さらに、料金プランも幅広く用意されているため、一度の旅行から長期滞在まで、様々なニーズに対応しています。

>>LivingAnywhere Commonsのゲストハウスご利用プランはこちら

LACを利用することで、日本の魅力を多角的に体験し、新しい人々との交流や学びを深めることができます。B&Bのコンセプトと、LACが提供する新しい宿泊体験を組み合わせることで、旅の質をさらに向上させることができるでしょう。

この記事を共有する

新着記事

ゲストハウス

秋の旅行先にピッタリ!LivingAnywhere Commonsのゲストハウス紹介 西日本編

ゲストハウス

秋の旅行先にピッタリ!LivingAnywhere Commonsのゲストハウス紹介 東日本編

ゲストハウス

透明度バツグンの館山でダイビング中に出会える魚たち

サービス

ゲストハウス用語解説:二地域居住とは

都道府県から拠点を探す

拠点予約
拠点施設をご利用の方は、下記よりご予約ください。

宿泊予約

運営会社

株式会社LIFULL

株式会社LIFULL〒102-0083 東京都千代田区麹町1丁目4-4

Mail: lacommons@LIFULL.com