今話題の二地域居住(二拠点生活)の全貌とは?注目理由、課題、そして解決策

伊豆下田

この記事を共有する

最近、テレワークやリモートワークの普及に伴い、”二地域居住”、または”二拠点生活(デュアルライフ)”という新たな生活スタイルが注目を集めています。しかし具体的な内容やメリット、課題について理解している方は少ないかもしれません。

本記事では、その魅力と課題について詳しく解説し、新しい生活スタイルの提案として”LivingAnywhere Commons”の活用を提案します。

二地域居住(二拠点生活/デュアルライフ)とは?

いわき

二地域居住(二拠点生活/デュアルライフ)とは、その名の通り、2つの異なる地域に居を構え、各地で生活を営むライフスタイルのことを指します。
その形は多種多様で、例えば、一つの地域で仕事をし、もう一つの地域でプライベートを楽しむという形や、季節により居住地を切り替えるといったものまであります。

このような生活スタイルは、テクノロジーの進化と働き方の多様化によって可能となってきました。
リモートワークが一般化することで、生活する場所と働く場所が必ずしも一致する必要がなくなりました。これにより、自分の好きな場所、自分が心地よく感じる場所で生活をするという選択が広く認知され始めています。

都市部と地方、海外と国内、山間部と海沿いなど、人それぞれが好む環境は違います。二地域居住は、それぞれの地域の良さを最大限に活用し、自分だけの豊かな生活を実現するための新たな選択肢となり得ます。

都会では仕事の効率性と便利さを享受し、地方では自然と触れ合いリラックスする時間を過ごす。または、一つの地域でのルーティンワークをこなし、もう一つの地域で新たな挑戦や学びを求める。二地域居住は、一つの場所に縛られることなく、様々な生活スタイルを自由に組み合わせることが可能な、新たな生活の形と言えます。

注目される理由:自由度の高さと生活の充実

二地域居住(二拠点生活/デュアルライフ)が注目される大きな理由は、その高い自由度と生活の充実度にあります。

LAC館山 周辺環境

まず、自由度の高さから見てみましょう。
従来、仕事と生活は密接に関連しており、就業先の場所が生活場所を大いに左右していました。しかし、テクノロジーの発展と共にリモートワークが広まり、働き方が大きく変わりました。その結果、仕事場所と生活場所を別々に設定するという新たな選択肢が生まれました。これにより、自分の好きな場所や価値観に基づいて、自由に生活の場を選ぶことが可能となりました。

次に、生活の充実度です。
二地域居住は、異なる2つの地域の良さを同時に享受することができます。例えば、都会では仕事や学びの機会に恵まれ、アクティブな生活を送る一方で、地方では自然を満喫し、リラックスした時間を過ごすことができます。また、異なる地域に暮らすことで新たな視点や発見が増え、自己成長に繋がる可能性もあります。

このような自由度と充実度が二地域居住の魅力であり、多くの人々に注目される理由です。働き方や生活スタイルが多様化する現代社会において、自分自身のライフスタイルに合った最適な場所を選び、豊かな生活を実現するための新たな選択肢として、二地域居住は大きな可能性を秘めています。

課題:住居の確保と移動の手間

二地域居住(二拠点生活/デュアルライフ)には、その自由度と生活の充実度に反して、一部の課題も存在します。その中でも特に大きな課題とされるのが、「住居の確保」と「移動の手間」です。

まず、「住居の確保」です。二地域居住を実現するには、当然ながら二つの場所に住居を持つ必要があります。これは、一拠点の生活に比べて住居費が倍増する可能性があり、その経済的な負担は決して軽視できません。また、異なる地域での生活場所を探し、契約する手間も考慮しなければなりません。さらに、それぞれの住居の維持管理にも手間とコストがかかります。

次に、「移動の手間」についてです。二地域居住は頻繁な移動を伴うため、その時間や負担も大きな課題となります。長距離移動に伴う疲労や時間のロス、移動費用等、一般的に一拠点生活よりも手間がかかると言えます。また、予定の変更や突発的な出来事が起きた場合、どちらの拠点にいるべきか、移動計画を立て直す等の柔軟性も求められます。

これらの課題は、二地域居住のハードルを高くしています。しかし、これらの課題を解決するための新しいサービスやシステムも出てきており、その一つが「LivingAnywhere Commons」です。全国各地に拠点を持つこのサービスは、住居の確保と移動の手間を大きく軽減することで、二地域居住をより身近なものにします。

LivingAnywhere Commonsのゲストハウス所在地の一覧はこちら

解決策:LivingAnywhere Commonsの活用

LAC会津磐梯

こうした課題を解決するのが、”LivingAnywhere Commons”です。
全国各地に拠点があり、ワーキングスペース付きのゲストハウスとして利用可能です。異なる地域での生活を試すのに低リスクで始められ、また移動の手間を省くことも可能となります。

LivingAnywhere Commonsのゲストハウス所在地の一覧はこちら

LivingAnywhere Commonsのゲストハウス利用料金はこちら

まとめ

二地域居住(二拠点生活/デュアルライフ)は、新たな生活スタイルとして注目されています。
自由度の高さと生活の充実がその魅力であり、一方で住居の確保と移動の手間という課題が存在します。しかし、”LivingAnywhere Commons”の利用により、これらの課題を解消し、二拠点生活(デュアルライフ)をより快適に、より手軽に始めることが可能となります。新たな生活スタイルにチャレンジしてみませんか?

この記事を共有する

新着記事

ゲストハウス

秋の旅行先にピッタリ!LivingAnywhere Commonsのゲストハウス紹介 西日本編

ゲストハウス

秋の旅行先にピッタリ!LivingAnywhere Commonsのゲストハウス紹介 東日本編

ゲストハウス

透明度バツグンの館山でダイビング中に出会える魚たち

サービス

ゲストハウス用語解説:二地域居住とは

都道府県から拠点を探す

拠点予約
拠点施設をご利用の方は、下記よりご予約ください。

宿泊予約

運営会社

株式会社LIFULL

株式会社LIFULL〒102-0083 東京都千代田区麹町1丁目4-4

Mail: lacommons@LIFULL.com