バックパッカー中級者へのステップアップ術

ゲストハウス 2023.08.30
バックパッカー

この記事を共有する

あなたが一歩踏み出してバックパッカーとしての初心を忘れずに、更なる高みを目指したい時、何をすればいいのでしょうか。ここでは、バックパッカー初心者が中級者へとステップアップするための具体的な方法をご紹介します。

計画の立て方を再考する

父母ヶ浜
LAC三豊(香川県) 父母ヶ浜

バックパッカーとしての経験が増えるにつれて、旅の計画の立て方も成熟してきます。初心者の頃は、安全を第一に、そして情報をたくさん持っていることが安心感をもたらすため、詳細にわたって計画を立てがちです。しかし、旅行を繰り返すうちに、計画の立て過ぎがかえって自由を奪うことにもなり得ると感じるかもしれません。

中級者へと進むには、計画の方法を再考する必要があります。まず、目的地の大まかな方向性や行きたい場所はしっかりとリストアップしましょう。しかし、その中で1日の詳細なスケジュールは柔軟に持つことがポイントです。あまり細かく計画を立てると、その場その場の新しい発見や、偶然出会った現地の人々からのおすすめなど、旅の醍醐味を逃してしまう可能性があります。

また、自分の体調や気分、天候などの変動にも柔軟に対応するための時間的な余裕を持つことが大切です。突然の雨や、気に入った場所でのんびりと時間を過ごしたいと思った時、予定を変更できる余地があると、ストレスなく旅を楽しむことができます。

最後に、情報収集は大切ですが、すべてを事前に知ってしまうと、現地でのサプライズが少なくなります。少しの未知との出会い、それを楽しむ心の余裕を持つことで、より深く、そして自分らしく旅をすることができるのです。

現地の文化や言語を学ぶ

LAC八雲
LAC八雲(北海道) 交流シーン

旅先での最も魅力的な体験の一つは、異なる文化や言語に触れることです。しかし、その魅力を最大限に引き出すためには、単に観察するだけでなく、現地の文化や言語を少しでも学ぶ努力が必要です。

言葉はコミュニケーションの道具であり、現地の言葉を知っていると、表面的な交流を超えた深い繋がりを築くことができます。たとえば、簡単な日常会話や挨拶を学ぶだけでも、現地の人々との関係性が変わってきます。ショップでの買い物やレストランでの注文がスムーズになるだけでなく、現地の人々の暖かさや好意を感じる機会も増えるでしょう。

また、現地の文化を理解することは、その国や地域の背景や歴史、価値観を深く知る手助けとなります。例えば、祭りや行事の意味、伝統的な食事の背後にあるストーリーなど、 superficial な体験を超えて、より深くその土地を感じることができます。

さらに、現地の文化や言語に触れることは、自分自身の視野を広げる機会ともなります。異文化との接触は、自分の持つ価値観や考え方を再評価するきっかけとなり、よりオープンマインドになることができます。

旅は外の世界を探索するだけでなく、内面の探求でもあります。現地の文化や言語を学ぶことで、その旅が一層豊かで意味深いものとなるでしょう。

予算管理のスキルアップ

錦市場
LAC京都三条(京都府)周辺 錦市場

バックパッカーとしての旅は、限られた予算の中で最大限の体験を求めるという点で、予算管理の重要性が非常に高まります。初心者の頃は、出発前に必要経費をリストアップし、明確な予算を設定することが一般的ですが、中級者へと進むにつれて、より緻密で効果的な予算管理のスキルが求められます。

まず、経験を積むことで、旅の中でどのような出費が想定されるのか、そしてどの出費を削減すれば、その分他の体験に予算を振り向けることができるのかの感覚が研ぎ澄まされてきます。例えば、宿泊費を少し抑えることで、特定のアクティビティや現地のグルメに投資できるといった具体的なトレードオフを行う能力は、中級者としての予算管理スキルの象徴と言えるでしょう。

さらに、旅先での交渉術や現地の価格感覚を掴むことで、無駄な出費を避け、賢い選択をすることができるようになります。これは特に、市場や露店などでのショッピング時や、交通手段を選ぶ際に役立ちます。

また、常に現地通貨と自国通貨の換算レートを把握することで、支出を正確にトラッキングすることができます。これにより、旅の途中で予算の調整や再配分を行うことができるようになります。

最後に、旅を通じての経験や学びを最大化するためには、どこにどれだけの予算を使うべきか、という戦略的な判断が不可欠です。一見すると節約のために選んだ選択が、長期的には高くつく場合もあるため、予算の中で最も価値のある体験に投資する視点を持つことが中級者としての予算管理の鍵となります。

ネットワークを広げる

LAC福岡唐泊 キッチン棟
LAC福岡唐泊(福岡県) キッチン棟

旅行は単なる観光地巡りや風景の鑑賞だけでなく、人々との出会いや交流がその魅力の一つです。特にバックパッカーとしての旅には、多くの人々と出会い、それらの人々とのネットワークを広げるチャンスが溢れています。中級者として、このネットワークを積極的に広げる方法をマスターすることが、更なる旅の深化への一歩となります。

初めに、宿泊施設の選び方からネットワークを広げる考えを取り入れることができます。例えば、共同のリビングやキッチンがあるゲストハウスやホステルを選ぶことで、他の旅行者との自然な交流の場を持つことができます。また、現地の人々との交流を重視したホームステイや、現地の家族と暮らす経験ができるプログラムも増えてきています。

次に、参加型のアクティビティやツアーを選ぶことも、ネットワークの拡大に繋がります。料理教室や伝統的な工芸体験、現地の人々との共同作業など、参加型の活動は深い交流のチャンスとなることが多いです。

LAC宮崎日南 スポーツバー
LAC宮崎日南(宮崎県) スポーツバー

さらに、現地のカフェやバー、公園など、地元の人々が集まる場所を訪れることで、自然な交流のきっかけを作ることができます。旅の途中で出会った人々との関係は、一時的なものだけでなく、将来的な情報交換の窓口や再訪問時のガイドとなることもあるため、大切にしていきたいところです。

最後に、SNSや旅行者向けのアプリを活用して、事前に旅先での出会いや交流の場を探ることも有効です。このようなツールを使うことで、自分の興味や趣味に合った現地のイベントやミートアップを見つけることができます。

ネットワークを広げることは、ただの人脈作りだけでなく、異文化への理解を深める手助けともなり、旅の質を向上させる要素となるでしょう。

さまざまなトランスポートを試す

LAC金沢 レンタサイクル
LAC金沢(石川県) レンタサイクル

バックパッカーの旅は、目的地に到達する手段としての移動だけでなく、その移動そのものが一つの大きな体験となります。そして、その移動の方法を多様化することで、旅の深みや幅を広げることができます。

多くの初心者バックパッカーは、飛行機やバス、電車といった一般的な交通手段を利用することが多いですが、中級者としてのステップアップを目指すなら、それ以外の交通手段にも挑戦する価値があります。

たとえば、南東アジアの国々では、リキシャやトゥクトゥクと呼ばれる三輪のタクシーが一般的に使われています。これらの乗り物は、風を感じながらの移動ができるため、まるでその土地の空気や匂い、風景を五感で感じ取ることができるのです。

また、ヨーロッパの一部の都市では、運河を利用したゴンドラやボートが主要な交通手段となっています。水面すれすれでの移動は、通常の道路からは見ることのできない景色や、水辺の暮らしを垣間見ることができ、非常に魅力的です。

さらに、自転車や徒歩での移動も忘れてはなりません。自転車であれば、自分のペースでの移動が可能で、途中で気に入った場所に立ち寄ることも自由自在。徒歩での移動は、その土地の匂いや音、地域の人々との交流といった、ディープな体験を得ることができます。

異なる交通手段を試すことは、ただ目的地に到達するだけでなく、移動そのものが一つの大きな冒険となり、旅の価値をさらに高める要素となるでしょう。

自分なりの旅のスタイルを見つける

LivingAnywhere Commons下関周辺 唐戸市場
LAC下関(山口県)周辺 唐戸市場

バックパッカーとしての旅は、単に目的地への移動や観光地を巡るだけではありません。それは、自分自身の内面との対話や、自分なりの価値観を見つけ、それをもとにした独自の旅の方法を築き上げることでもあります。

初心者の頃は、多くの人がガイドブックやブログ、友人のアドバイスに頼りがちです。それはそれでとても大切なステップですが、中級者として旅を深めていくためには、自分の感性や興味を信じて、それに基づいた旅をすることが求められます。

たとえば、一般的な観光地を巡るのではなく、自分の趣味や興味を生かした旅に挑戦してみるのはどうでしょうか。写真撮影が好きなら、美しい風景や都市の風景を求めて旅をする。料理やグルメが好きなら、地元の人々の生活に密着した食文化を追求する旅。歴史や文化に興味があるなら、その土地の歴史的背景や伝統を学びながらの旅となるでしょう。

また、旅の進め方も自分らしさを出すことができます。計画的に事前にすべての行程を決めるタイプか、あるいはその場の直感や出会いに任せて行動するタイプ、それぞれが正解です。大切なのは、自分自身が心地良く感じる方法で旅を進めることです。

最後に、旅を通して自分自身と向き合うことで、新しい自分や価値観、視点を見つけることができます。その発見が、今後のバックパッカーとしての旅をより豊かにしてくれるでしょう。まずは、自分の心の声に耳を傾け、自分だけの旅のスタイルを探求してみてください。

LivingAnywhere Commonsの魅力とその活用

LACうるま ワークスペース
LACうるま(沖縄県) ワークスペース

近年、働き方や生活のスタイルが大きく変わってきています。オフィスや自宅に縛られることなく、どこでも快適に生活・仕事をする「LivingAnywhere」の考え方が注目されています。そんな新しい生活スタイルを実現するための最適な場所が「LivingAnywhere Commons」です。

「LivingAnywhere Commons」は、日本全国各地に存在するコワーキングスペース付きのゲストハウスです。ここは、自宅やオフィスのような一定の場所に縛られずに生活・働きたいという人々のためのコミュニティとして提供されています。会員になれば、全国の拠点を好きな時に利用することができます。旅行や出張、休日のリモートワークなど、多様なシーンでの利用が考えられます。

>>LivingAnywhere Commonsのゲストハウス全国一覧

LAC美馬
LAC美馬(徳島県)

また、法人のお客様にとっても非常に魅力的なサービスとなっています。スタートアップから大企業まで、社員の働き方を変革したい企業は「LivingAnywhere Commons」をサテライトオフィスや社員研修施設として利用することが可能です。これにより、社員のモチベーション向上や新しいアイディアの創出、そして多様な場所での業務遂行が実現します。

利用料金も、個人や法人のニーズに合わせて柔軟に選べるプランが提供されています。例えば、ベーシックプランでは、1回5,500円で利用できるほか、回数券も用意されています。月額サブスクリプションのスタンダードプランやプレミアムプランでは、より多くの拠点を無制限に利用できるため、頻繁に利用する方におすすめです。

>>LivingAnywhere Commonsのゲストハウスご利用プランはこちら

このように、「LivingAnywhere Commons」は、新しい働き方や生活スタイルを追求する現代の人々にとって、非常に魅力的なサービスと言えるでしょう。あなたも、この新しいスタイルの生活を始めてみませんか?

まとめ

バックパッカーとしてのステップアップは、経験を積むこと、新しいことを学び続けることが鍵です。上記の方法を取り入れながら、自分のペースで旅を楽しむことが、中級者への道を切り開く第一歩となるでしょう。

この記事を共有する

新着記事

ゲストハウス

秋の旅行先にピッタリ!LivingAnywhere Commonsのゲストハウス紹介 西日本編

ゲストハウス

秋の旅行先にピッタリ!LivingAnywhere Commonsのゲストハウス紹介 東日本編

ゲストハウス

透明度バツグンの館山でダイビング中に出会える魚たち

サービス

ゲストハウス用語解説:二地域居住とは

都道府県から拠点を探す

拠点予約
拠点施設をご利用の方は、下記よりご予約ください。

宿泊予約

運営会社

株式会社LIFULL

株式会社LIFULL〒102-0083 東京都千代田区麹町1丁目4-4

Mail: lacommons@LIFULL.com